ラブリーレター

バラがたくさん

本日からフランス・ギヨー社のバラ苗がお店に並びました。

昨日と今日は、貴重なぽかぽか日和。

今年は秋の温度が高かったせいか、紫キャベツの寄せ植えも、

こんなに成長しました。

セプタードアイル

寒い寒い・・・寒風が吹き荒れております。昨日の夜にゴロゴロと雷が鳴っていたので、そろそろ冬の到来でしょうか。昔、友達に、米子は冬にも雷が鳴るの???と驚かれた記憶がありますが、その時は、え?普通でしょ?と思ったんですけど、これは、日本海側だけでしょうか・・・。

今日は身にしみるような寒風が強く吹いていて、ピンクのかわいい花をたくさん付けている、セプタードアイルが、大揺れに揺れています。春から、秋遅くまで、よく咲いてくれます。

これくらい温度が下がると、花色も濃く、花もちも良くて、かなり長く花が付いています。これからの時期は、花を切って、お家の中に飾って楽しんだほうがよさそうですね。

カスクドール

先日ご紹介した★幸運をもたらす★というバラ・・・カスクドールです。大事に1年育てられた株を、お客様に見せて頂きました。

大苗から1年で、こんなに立派な株に成長していました。・わぉ!!!

ぱっと見ただけでも蕾が30個は付いています。大苗から1年で、(ぱっと見は3年くらいたっている感じ)、こんなにたくさん花が付いたらうれしいですよね!★★★

お店の花壇の大きな桂の木も、黄金色から、今日の寒風で落ち葉になりそうです。

 寒くなってくると、いよいよ、今年もバラの入荷が始まります。入荷したてのバラの苗木はもちろん、花も葉もない枝だけの株ですが、1年先の姿を想像すると、夢が広がりますね。

 

 

 

スノーグース

本当によく咲きます。小さな花ですが、春・夏・秋遅くまで、たくさんの花を繰り返し咲かせます。

とげの少ない枝は、しなやかで、扱いやすく、アーチや壁面、パーゴラなど、とても使いやすいバラです。

 

輝くような

イングリッシュローズのLDブレスウェィト、輝くような赤色のきれいなロゼット咲き、光沢のない深緑色の葉とのバラスがよく、見入ってしまうような完璧な花の形・・・。

もう一つは、フランス・デルバール社のカスクドールという品種

フランス語で【金色の冠】という意味で、幸運をもたらすものとされています。

写真より実物のほうが透き通るように美しく輝いています。

美しい日本のバラ

2010年に発売された、真夜とベルベティトワイライト。

どちらも深い赤紫色の花色です。

丸弁で少し小ぶりな花の真夜↓

波打つようなフリルな咲き方のベルベティトワイライト↓

2つともとても香りのよい品種で、カウンターの横に活けてあると本当に、よい香りで、しあわせになります。

去年の冬に初めてお店に大苗で入荷した2品種、 お花が咲く前に完売して、どんな花が咲くのか気になっていたら、お客様がきれいに咲いた花を切って届けてくださいました。

どちらもダマスク系のよい香りです。見入ってしまうよ深い色と、存在感のある美しいバラ・・・どちらも日本の有名なバラ育種家・河合伸志氏による作出のバラです。河合さんスゴイ。

アイズフォーユー

不思議な魅力を持つこのバラ。

アイズフォーユーです。最も美しい、ハイブリット・ぺルシカ系品種といわれています。2009年発売の新しいバラで、今年の春お店にも入荷しましたが、話題のバラということで、完売。この秋、しっかりした開花株が再び入りました。

真宙

真宙=まそらと読みます。2010年に日本で作出されたバラです。

しなやかな枝にきれいなカップ咲きの花で、香りも良いです。

気温が下がって、一つの花をゆっくり楽しむことができます。

 

 

秋のバラ

イングリッシュローズのシスターエリザベスです。

とてもコンパクトな品種で、細い枝の先にたくさんの蕾を付けます。とくに秋は、この品種をいつも見直します。

春より、秋のほうが印象に残るバラの一つです。

もう少し温度が下げってくれると、もっと色が濃く、一つの花を長い時間楽しめるのですが・・・。

今日のバラ

このところの暑さで、バラも焦げそうになっています。朝水やりをしながら、小さくて弱々しい花は、咲いたと同時に、私に摘み取られています。暑さのせいか、本来の綺麗な花が咲かない品種が多い中、目を引いた、きれいに咲いたバラ。

イングリッシュローズのレディオブメギンチです。蕾〜花開くまで、夏バテを感じさせない、みずみずしい花でした。

 

 

 

カテゴリ



最新の記事