ラブリーレター

紅玉

リンゴみたいな名前の紅玉というツルバラです。よく見たら、同じ株から、ピンク色の花が咲いていました。こうして枝変わりの品種ができていくんですね。

昨日と一昨日の強風に心がめげそうになりながら、ようやく平常どおりを取り戻しつつあります。バラは一斉に花開いてきました。もうちょっと落ち着いたら写真を撮りたいと思います。

いろいろ咲きました

曇り空で気温低く絶好のバラ日和。今日も早咲き品種がいろいろ咲いています。

ディスタントドラムスは昔ながらの品種ですが、花色美しく、咲き進むにつれて変化していく様子も素晴らしい品種です。

蕾↓

咲き始め↓

開くとこんな色↓渋くてかっこいい色合いです。

今日はがんばって写真を撮ったので…まだまだあるよ。

フランス・ギヨー社のバラ・ヴェルシーニ。↓

河本さんんのバラ・クチュールローズチリア↓フリルのきいた薄紫色の上品な花です。実物のほうがもっと良いです。

イギリス・フライヤーローゼスのサマードリームという品種。ありそうでない花色。とてもかわいいヨ!↓

開いても気品あふれる真夜。良い香りです。↓

 

マダムピエールオジェ

毎年人気のマダムピエールオジェ。コロコロのカワイイ形で、透き通るような花色です。お店の庭にも植えてありますが、咲き終わるまでコロコロの花の形があまり乱れず香りも良いです。少し小雨が降っていますが、気温が低く今日はバラの花がとてもきれいに見えます。どうぞ実物を見てみてください。

今日のバラ

ここ数日で開きそうなバラがたくさん出てきました。

アニエスシリジェル↓

レディヒリンドン↓

ガートルードジキル↓

真夜↓

ルイリール↓

バラと同じ時期に咲くオルレア。こぼれ種でよく増えます。

いよいよバラのシーズンスタートです!

今年2番目のバラ

今日はこちらのバラが咲きました。

つやつやの照り葉で、小ぶりの花が咲く、ダークチェリーパイ。2012年にイギリス・ワーナーローゼスから発表されました。枝はけっこう硬くて、まっすぐ伸びます。四季咲き性が強く良く咲きます。早咲きの品種は見る側も久しぶりに見るバラの花が新鮮で、まわりが蕾のときにいち早く咲いてくれると、目がとまりやすいので少し得な気がします。5月中旬ごろになると、一斉に咲いてくるので、目移りがしちゃいますね。これからお店で咲いたバラをすこしづつ載せていきます。

今年の1番目

お店の販売用のバラ約1000鉢の中で、トップバッターで開花したのは、こちらでした。

ブラッシングアイスバーグです。アイスバーグは白、バーガンディ、ピンクと4色ありますが、一番最近2012年に発表されたのが、ブラッシングアイスバーグです。

淡いピンク色が可愛く、良く咲きます。今年は気温の高い日が多く、お店のバラもいつもより早く咲きそうです。

バラがたくさん

毎年この時期のお店の風景です。

バラの苗木がたくさん並びました。イングリッシュ・デルバール・ギヨー・その他のバラがほぼ揃いました。今日は久しぶりのお天気です。お店は12月29日(月)まで営業します。

 

そろそろバラ入荷の時期です。

今年も約1000本のバラ苗がお店に入荷します。毎年ラブリーガーデンオリジナルのバラの土に一つ一つ植えかえてお店に並べていきます。今年は先週の寒波の影響で植え込みがいつもより少し遅れていますが12月11日頃から少しずつお店に並べていけると思います。デルバール社のバラがトップバッター。次の週くらいにイングリッシュローズが並ぶ予定です。天気予報を見ると、今日の天気を最後に、どうやらまた次の寒波がくるらしく、雪が積もったりすると、お店にバラを並べるのが少し遅れるかもしれませんが、クリスマス頃には8割くらいのバラが店頭に並んでいると思います。どうぞお楽しみに…。

今日のバラ

秋バラがぽつぽつと咲いています。細枝までたくさんの蕾を付けて、四季咲き性が強く、特に秋の花がきれいなバラです。

フランス・ギヨー社のモニークダーブという品種です。透き通るようなうすい色で、花もちが良いです。

ノヴァーリス

2010年にドイツの名門コルデス社作出のブルー系のバラ、ノヴァーリス。紫系のバラでは最強といわれるほど、耐病性に優れています。今のところ、お店で成長を見る限り、まさしくその通りというくらい立派な株に育っています。株は直立で横に暴れる枝がほとんど出ていません。花はとっても上品です。

カテゴリ



最新の記事