ラブリーレター

バラの様子

今年はいつもより少しバラの花の色づきが早いような気がします。今年の1番は今のところ、イングリッシュローズのバーバラオースチンです。

2番手はボレロ。

今年は母の日のころに、いくつか開花しそうな株がありそうです。いつもより少し早いかな…。

気になるバラ

お店にはたくさんのバラの苗が並んでいますが、今年はどんな花に出会えるか…ワクワクです。

今年初めて見る花は特に楽しみ。

これは本物です↓

秋の終わりまでよく咲くモリニュー。

すっかり家猫になったにゃん太。

12月

今年もバラの苗の入荷が始まりました。これから12月20日頃までの間にお店の売り場がいっぱいになるくらいのバラの苗が届きます。お店に届く苗は、畑で抜いた状態で、一株ずつ、お店でバラの土でスリット鉢に植え込んでからお店に並べます。第一便400株ほどが、鉢上げが終わってお店に並びました。

よくお客様から、冬の間はお店はお休みですよね?と聞かれることがありますが、冬は特別な大雪・積雪の日以外は、毎週火曜日の定休日以外、営業しています。お休みは夏の間、7月8月の頃です。今日から12月、日が暮れるのが早く、それに合わせて営業時間が夕方5時閉店となります。12月〜2月いっぱいは、朝10時から夕方5時までの営業となります。どうぞよろしくおねがいいたします。

咲き進むと…

ジャルダン・ドゥ・レソンヌとういうフランス・デルバール社のバラ。秋も良く咲きます。開き始めるところから4段階。ひと株でこれだけ違う表情の花がついています。気温が下がって、クリームアプリコットのきれいな色が出ています。

マリコーン

デルバール社の赤いバラ・マリコーン。小ぶりで黒みがかった深紅のバラです。コンパクトにも育てられるし、伸ばせばアーチにも使えそう。小ぶりの花はそれだけを見ればさみしい気もしますが、他のバラと合わせるときに、とても使いやすく、庭の景色のアクセントにもなるし、花もちがよく、バラを摘んでブーケを作る時にも活躍します。

今日は風がなく朝の小雨もなんだか良い感じ。バラの花色がきれいに見えます。

大輪のバラ

フランス・デルバール社の大輪のバラ、マ・ノルマンディ。お店にあるバラの中で、多分一番大きな花が咲きます。5月の咲いた一番花は、びっくりするくらい大きな花でしたが、秋の花もやっぱり大輪。優しい花色です。

いわたさいこさんのボタニカルーアートカレンダーが今年も入荷しました。CDケースに入った卓上サイズのカレンダー。2014年度版です。…そう、今年もあと2カ月で終わり。早いですね…。きっと夏が長いせいで、あれれという間に季節が変わっています。短い秋が駆け足で進んでいます。

 

台風が過ぎて

気温が一気に下がりました。昨夜の強風で倒れたバラを直すことから始まりました。あんだけ長時間、強風が吹いたら、そりゃ倒れちゃうよね…。ごめんごめんと言いながら、折れた枝を切りつつ、気温が下がって一気に花色が濃くなった花に、一瞬見とれつつ、見渡せばたくさん倒れたバラの鉢を見て、心が折れそうになりつつ、ようやく片づけのめどがつき、パソコンの前です。自然の猛威に一喜一憂しながら、もう6年経ちました。お店ができて、7年目に入ります。6周年記念フェア10月18日(金)~10月末まで、毎年恒例のくじ引きもありますので、ぜひお立ち寄りください。

エブリン良い香りです。

バラの様子

台風24号が通り過ぎて、また穏やかな天気に戻りました。でも…、なかなか気温が下がりません。毎年のこの時期は、パンジーやビオラをたくさんお店に並べていますが、今年はこれからです。記録的に暑い夏でしたが、秋もそんな感じですね。それでも、そろそろ、来週くらいからは秋のさわやかな少し冷たい風を期待してます。お店のバラも日に日に咲き始めていますが、もう少し、気温が下がると、もっと深い色が出るはずと、本当の秋を待ちわびています。

今日のバラ

まさに今が一番美しいという感じ。

花もちがよく、かすかにさわやかな香りがあります。

凛として咲く姿も魅力の一つ。

可愛いではなく、かっこいいという言葉がぴったりの赤いバラです。オマージュアバルバラ。私も好きです。

 

赤いバラ

曇り空で、バラの花がとてもきれいに見えます。四季咲き、木立性で、深い赤色の花、香りが高く、丈夫で優秀な品種です。早咲きで、春も秋も、他の品種より一足早く咲きます。ベルベティトワイライト。

 

カテゴリ



最新の記事