ラブリーレター

2番花

毎年この時期は、気温も高く、じめじめした梅雨まっただ中…のはずですが、今年はなぜか涼しくて雨も少なく、イギリス気候のようです。イングリッシュローズの2番花も咲き始めました。

写真の花は、モリニューです。

1番花と違って、やさしいふんわりした色になりました。いつまで、この涼しさが続くでしょうか…。バラには、とってもいい気候ですが、お日様大好きの夏の花には、やや日光不足な感じもします。でも、こんなに過ごしやすい梅雨は、山陰では珍しいです。そよそよ〜。

レイモンブラン

今年初めてお店に入荷した、デルバール社のばら、レイモンブランの花が咲きました。

中輪の程よい大きさで、スッキリした花でした。他のバラがほぼ一段落したころから、色づき始めて、遅咲きでしたが、天気にめぐまれて、梅雨の雨にかかることなく、しっかり咲いています。

透明感のある、花色でしっかり上を向いて咲いています。今年のバラは、咲き始めが早く、天気が良かったので、いつもより早く、ほとんどの品種のお花が、ほぼ一段落しました。賑やかな満開のバラの景色から、落ち着いた初夏の庭の景色に変わってきました。

満開です

薄曇りで、風がなく、暑くもなく…心地よい天気、一番バラがきれいに見える天気です。毎年バラが満開の時に、数えるくらいしかない、今日はベストコンディションの日です。午後から風が出なければいいですね。

今年のバラ

今年は、バラにとって、よい気候になりました。気温が低く、雨が少なく、花色がきれいです。大風やヒョウが降ったり、大変な日もあり、ましたが、こうしてきれいな花が咲くとホッとします。バラが身近にあると、この季節は特別です。毎年、試行錯誤しながら、一喜一憂しながら、この時期を迎えると、しみじみ幸せ感じますね。

今年は、いっせいに花が咲きそろうのではなく、早咲きの品種から順番に、ポツリポツリと良いペースで、花が咲いています。お店の全体を見渡すと、満開と言うわけではないですが、早咲きの品種はほぼ終了で、これからまだ、蕾の品種がたくさんあります。雨が少ないので、今週末もきれいなお花が見られそうです。

一重のバラ

フランシーヌロワイノーという品種です。

オレンジに近い黄色で、とっても個性的です。四季咲きでコンパクトに育ちます。

昨日のヒョウには、びっくりしました。夕方、3回ほど大粒のヒョウが降りました。大きな葉の植物は、穴があいてしまったり、多少の傷は残りましたが、夜は比較的穏やかに大きな嵐もなかったので一安心しました。今日は久しぶりに、少しひんやりした空気で、バラの花がきれいに見えます。デルバールの画家シリーズの絞り咲きの品種も咲いてきました。

happy mother's day

天気に恵まれて、早咲き品種のバラが、母の日ぴったりにきれいに咲きました。

爽やかな気持ちの良い日曜日です。バラの香りを確かめながら、庭を歩いていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

1年で一番わくわくするバラの花咲くころ、ぜひお散歩がてらお立ち寄りくださいませ。

バラの季節が始まります。

バラが日に日に咲き始めています。今年はいつもより少し早いような気がします。今日は暗くなってしまって、よい写真が有りませんが、今日開いたばかり、夕方花色の美しさに、ハッとした赤いバラ、フランシス・デュブレイユです。

今週は天気もよさそうなので、今週末の母の日までには、もっといろんな種類のバラが咲き始めると思います。花の色、香りを確かめながら、お気に入りの品種を見つけてください。

今年も丈夫に育った株は、たくさんの蕾を付けています。うふふ…。

バラの蕾

久しぶりに、地面にしみ込む、しとしと雨ふりです。このところずっと乾燥いしていたので、植物は、ほっとしていると思います。

今年はいつもよりも、早くバラの蕾が色づいてきました。アンブリッジローズの蕾です↓

連休中に花が見られそうです。同じくらい色づいてきたのが、パットオースチンと、チャールズレニーマッキントッシュ。去年は開花が全体的に遅く、梅雨の雨で、ちょっとかわいそうな感じだったので、早く咲いてくれるのは、嬉しいです。

剪定

米子のこの時期にしては、珍しく良い天気が続いていたので、お店のフェンスで最後まで、花を付けいていた、セプタードアイルの剪定をしました。

真ん中上のフェンスに咲くセプタードアイル。

↓ 2011.5月

↓ 2011.10月

↓ 剪定してすっきり 2012.1月

春夏秋冬、いろんな姿があります。

今日の米子は、いつもの1月らしい、寒寒の天気です。これから、2月いっぱいは、寒くて雪もふります。なるべく天気の良い、出やすい日は、剪定をしたり、土壌改良をしたり、やることがいっぱいです。去年の今頃は、一面銀世界で、外に出るのも一苦労でした。その記憶がまだ頭にあるので、今年はできる日に、いろんな作業をやっておかねば・・・。と思います。

セプタードアイル

今年は秋の気温が高かったせいもあって、12月でもまだたくさんの花がついていました。

でもそろそろ…天気予報を見ると、米子はクリスマスの連休の頃に寒波が来そうなので、あとは部屋の中で見ることにしました。

お店の庭に植えてあるセプタードアイルは、今年もバラのシーズンの始まりから、夏も、秋も遅くまでたくさんの花を付けてくれました。

こうして飾ってみると、庭で咲いている時よりも、近くてじっくりかわいい花を楽しめるので、いいですね。

暖房の当らないところに飾ると、これからまだ長く持ってくれます。

カテゴリ



最新の記事