ラブリーレター

ラックス

 ラナンキュラスのラックスシリーズ。お店でも数年前から販売していますが、地植えにしても、ちゃんと次の年に咲いてくれる丈夫な品種と、評判の良い丈夫なラナンキュラスです。12月の終わりに数品種入荷して、もうあと少ししかありませんが、その中の1つ、ティーバという新しい品種です。

紫がかった渋い色で、小粒の八重咲、花弁には光沢があります。

ハウス栽培で早く花が咲いているんだと思いますが、ふつうは今の時期は、葉っぱだけの状態です。ラックスをお庭に植えている方は、うんうんと聞こえてきますが…。自然に咲くのは春です。ラナンキュラスのイメージを変えた新しいタイプの丈夫な品種です。水はけのよいところなら、山陰の地植えもOK。休眠の時期、チューリップのように、葉が枯れた後は、秋に再び芽を出すまで、地上部がなくなりますが、間違って掘らないこと!

ウィンタービーナス

 名前の通りの素敵な花が咲きます。

一言でいうと、ピンク色のきれいな大きな花がたくさん咲く、ピンクニゲル?と思わせるクリスマスローズです。誰が見てもかわいいと思える明るい花色で、とにかく花付きが良く育てやすくて、おりこうな品種だと思います。
 

植木8SALE開催!

新年明けましておめでとうございます。2019年もラブリーガーデンOPENしました。今年もよろしくお願いします!

ということで、素焼き鉢、キューポット等…植木鉢全品、1月14日(月)まで、8%引き、ちょこっとSALE!!で販売しています。

イギリスの老舗、ウィッチフォードのハンドメイド素焼き鉢や、ラフな雰囲気で人気のモスポットミニ、王冠マークとカラフルなヨーロッパカラーが魅力のキューポットなど、この機会に是非お店にお立ち寄りください!!

HIKA

 

2019年

 あけましておめでとうございます。新年の営業は5日よりスタートします。

年末前にイングリッシュローズなど、すべてのバラ苗もお店に並べて、もちろん今は枝だけですがが、毎年の冬の光景で、バラ苗ズラリです。写真は去年夏の、グラベラントセージです。春夏秋冬、一年はあっという間ですが、1日1日を大切に、1年過ごしていきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

雪の日

 今年初めての雪景色になりました。お店の売り場はほとんどが屋外の為、雪の日はご覧の通りです。

冬の間は、悪天候で、お店を開けられない日もあります。今年は暖冬予報で、去年よりは雪かきに追われることが少なくなることを願っています。年内の営業は30日午前中までを予定しておりますが、天候の状況で変わることもありますので、ご了承くださいませ。

アントワネット

 今期は無理かな…と思ったいたら、入りました。

フリルのパンジー、ローヴ・ドゥ・アントワネット。写真いまいちでゴメンナサイ。

 

お待たせしました!

 今日からバラ苗お店に並べます。まだ入荷途中で、イングリッシュローズ、禅ローズ、ギヨー社などいくつかのメーカーは、25日以降に並ぶ予定です。今お店に入荷しているもの、デルバール、河本バラ園、オリエンティス、京成バラなど、用意できたものからお店に並べていきます。どうぞ、お立ち寄りくださいませ。

初雪

 12月らしい天気になりました。寒風にみぞれまじりの冷たい雨。お花もなるべく屋根の中に移動して、冬支度。

咲いているバラの花を少し切ってみるといい感じ。バラも落葉樹…。そろそろ休眠の時期です。お店に今年のバラの大苗が並ぶのは、今月の22日頃になりそうです。

ブーケの葉ボタン

 早いもので12月。お天気続きで日中の気温が高く、まだまだ秋の気分でしたが、12月らしいカワイイミニ葉ボタンがお店に並ぶと、そろそろ冬が近づいていることを実感します。

 

ビオラ後半戦

 毎年寒くなるころ、変わり咲きの個性派ビオラが次々とお店に到着します。

お天気回復したら、またのぞいてみてくださいね。

カテゴリ



最新の記事